空っぽの独り言

好きな時に好きな事を綴る、ただそれだけ。

夢題

夢を持つのは良いことだ。

こうしたい、ああなりたい、そういう夢があるから、こんな人生も頑張ってみようと思えるのだ。でも、夢しか見れないのは良くないな。その夢に付随するリスクやデメリット、現実的な問題に向き合うこともしないで、ああしたいって言ってるだけの人は、中々実現させることができない。仮に叶ったとしても、そこでも不満ばっかりで、達成感や満足感、その裏で支えてくれた人への感謝などの気持ちは湧き出てこないんだろう。だから、また違う夢を見て、今度はこうしたいなって、次々湧き上がる甘い夢に溺れる。

自分の立場に似合わず、横柄な態度をとるのは、ただ本当は虚実な自分を誇張しているだけだ。そんな人が夢だのなんだの言っても、虚しいだけだ。だってそういう人は、いつまでたっても何かを成し遂げることはできないんだから。口先だけだと思われても仕方ない。

夢の見方を誤ると、没落していく。そうならばいっそ、夢なんて捨ててしまおうか。