空っぽの独り言

好きな時に好きな事を綴る、ただそれだけ。

悪くないね

金はあるよ、って人にたくさん会ってきた。

友達たくさんいるよ、って人もたくさん見てきた。

楽しいって言う人、ひけらかす人もたくさんいる。

 

でも、幸せだよ、って口に出して言う人にほとんど会ったことがなくて、なんだか不思議な気持ちになった。多分、こんな世界を作って生きてる人間が人生で求めているものって、幸福なんだと思う。幸か不幸かで、この世の大半の問題は片付くから。友達を裏切るのも、愛し愛されたいと思うのも、誰かを殺すのも、困っている人を助けたいと思うのも、全部誰かの幸せ、あるいは誰かの不幸せを願ってのもの。

幸せ、不幸せっていう感情に代わる感情を私たちは持ち合わせているのだろうか?

全ての感情はここから派生したんじゃないかとさえ思える。どの感情もその二つのどちらかに分類できる。

幸せって感情ほど曖昧で不安定なものはない。人によって幸せは違うし、何をするからって必ず感じられるものではない。たとえ同じことをして幸せだった過去があっても今は違う、なんて日常茶飯事。

 

死んでしまいたいって思う時は胸の中をぐるぐる不幸せが渦巻いていて、その渦に呑まれてしまったらそのまま、この世から居なくなれる、そんな気がする。

でも不思議と、最近幸せだなあって思っている時って、死について考えることが難しくなる。心の中に花が咲いているような、温かさを感じる。

 

要するに生は幸、死は不幸、と深い関わりがあるんじゃないかと。

人間が生きるためには幸せである必要があって、でもそれは簡単ではなくて寧ろ不幸になる方が簡単だったりする。

 

自殺とか否定する人がほとんどだけど、不幸に呑まれたから死んだんじゃないかと思う。タイミングの問題じゃないかな。幸せに結びつくようなことが長いことなくて、ちょっとした好奇心で渦に呑まれてみたんじゃないかな。誰にだって起こりうることだし、多分それは本人にも避けようがないことなんだと思う。

 

人生は不幸なものになりがちで、終わらせたいとすぐ考えてしまうけれど、それをなんとか継続させていくものが幸で、出口に繋がっているのは不幸だと考えたら、不幸せなのが普通なんだよ。みんな幸せそうに見えて幸せじゃないんだよ。足りないものがあって、欲しいものが手に入らなくて。だから私は幸せだって胸張って言う人が少ないんでしょう?

 

そう言う人もしばらくしたら幸せじゃなくなるわけで、そう考えると面白い。次に私が幸せって言えるのはいつなんだろう。いつ出口に向かっていくんだろう。

 

 

幸せにならなくてもいいとも思う、ただ、本能的に幸せを求めてしまう。私は、人間なんだよなあ。